非リアな青春を追体験できる、有川浩「キケン」が心に染みた

有川浩の「キケン」という小説の文庫版が書店に並んでいたので、有川浩を作者買いする私は迷わず手に取った。

「塩の街」の初版が書店の棚に並んでいた時から知っている作家で、私の人生の多分10%くらいは彼女の小説に影響されているかもしれない。

「さあ、今回はどんなラブストーリーが待っているのだろうか? 理系技術モノっぽいし、どんな技術が登場するのか楽しみだ」

……そんな私の勝手な予測は、良い意味でがっつりと裏切られることになった。そうか、有川浩ってこんな作品も書けたんだ。

続きを読む

野崎まど「know」を、愛と欲望を交えて考察してみる

particle-1038683_1280

本記事は、野崎まどの「know」を読み終えて「???」となってネットで考察を探してみたものの、いまいちしっくり来ないと思っている読者の方向けに書いた記事です。

というよりも、同じ状況で、いまいちしっくり来なかったので、私なりの解釈をここに書いています。コメントによる議論等大歓迎です。

それだけ議論する価値のある作品だと思います。

よって、ネタバレを多分に含みます。 続きを読む

映画「パリ20区、僕たちのクラス」を観てみた

20

大人って何だろう? 子供って何だろう?

日本では、法律上は20歳で「成人」として扱われる。しかし、「成人」イコール「大人」ではない。成人でも「子供だ」と言われるし、未成年でも「大人だ」と言われることもある。

僕が「パリ20区、僕たちのクラス」を鑑賞した後にすぐやったことは、「平等」を辞書で引くこと、次に「大人」と「子供」の違いについて考えることだった。

この映画は、現役教師のフランソワ先生が教師役で出演し、フランスにあるごく普通の中学校の1クラスの1年間を描いた映画だ。カンヌ国際映画祭最高賞受賞作でもある。

続きを読む

早くて親切!都心部1時間配達の「Amazon Prime Now」を早速使ってみた

PrimeCar

お久しぶりです。神乃木です。

実はですね、昨日外出用に持ってたMacbook Airを売って、新型Macbook(Macbook 8)に買い換えたんです。すごく綺麗にできています。

……が、この記事では新型Macbookの魅力を語るわけではないです。

今日は、先日東京8区にて提供が始まったAmazon Prime Nowを利用してみたので、その様子を書いてみたいと思います。

続きを読む

Cubase8のVSTの設定の場所のメモ&Dropboxを使ってVST Presetsを共有する

スクリーンショット 2015-03-22 4.36.38

 

WindowsからMac OSXにCubase8を移行したとき、自作のVST Presetsの場所が分からずに移行に困ったのでメモ。

要するに、VSTの画面に出てくるこの部分に何も出なくて困ったという話。

スクリーンショット 2015-03-22 4.36.38

 

Windows側は非常に簡単。

マイドキュメント > VST3 Presetsに保存されている。

OSX側は結構面倒くさい。

/Users/owner/Library/Audio/Presets 以下にある。

移行する場合には、差分や先祖返り(世代管理ミス)に注意をしながらWindows→Macへファイルをコピーしてやる必要がある。

続きを読む