ソースルーティングを使っているときにVPNが繋がらなくなった

YAMAHAのRTX-1100をルータに使っているが、つい最近ルータの設定を変えたところ、PPTPのVPNが繋がらなくなった。

ローカルで接続すると普通にPPTPサーバは生きているし、理由は何だろう……と思って検証を続けていたが、原因は簡単、ソースルーティングだった。

うちの回線はPlalaのダブルルートオプションを使用して、PlalaとIIJの両方の回線を使うようにしているが、サーバが使っているPlalaは日常利用すると超混雑するので、デスクトップPCやwi-fiはIIJを使うようにしている。
今回の接続不能の原因は、VPNサーバのホストである10.0.0.1がソースルーティングでIIJから繋ぐよう設定されており、なおかつPPTPサーバが外向きにはPlalaにしか立っていない状況だったため、要するにPlalaに来たものがIIJ経由で出ていく、ということになっていたのが原因らしい。

道理でNATやファイヤーウォールをいくら見直しても上手くいかないわけだ。

感想をお聞かせください。

  • ためになった・面白かった (1)
  • ためにならなかった・面白くなかった (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)