一つのOSに異なるバージョンのRubyを混在させるには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Rubyには1.9系と1.8系があって、だいたいは1.8.7か1.9.2のバージョンが選ばれることが多い。
これらはプロジェクトごとに違うことも多く、必要に応じた切り替えが必要であるが、通常の方法で混在させると結構面倒な事になったりするので、そういう場合のためにRubyには、バージョン管理用のソフトェアが存在する。

参考サイト:http://d.hatena.ne.jp/holypp/20110407/1302193459

両方とも、「rvm use 1.9.2」のように、使うバージョンを指定してやればそれ以降のrubyコマンドは全部指定したバージョンで実行できるようになる。

1.OS X / Linux向け RVM
RVM=Ruby Version Managerのこと。
インストールはgemから簡単に行える。

2.Windows向け pik
これもgemからインストールできる。
僕は1.8.7のrubyがインストールされてる状態で「gem install pik」を行ったが、下記のようなエラーが出たのでメモ。

There was an error.
Error: can't dup NilClass
 
in: pathname.rb:205:in `dup'
in: pathname.rb:205:in `initialize'
in: pik/commands/add_command.rb:17:in `new'
in: pik/commands/add_command.rb:17:in `add'
in: pik/commands/add_command.rb:13:in `execute'
in: pik_runner:27

どうやらこれ、pikがrubyを認識していないために起こるエラーらしい。
なので、パスを通した状態で pik add C:\ruby1.8.7\bin\ruby.exe といった具合でpikにrubyを認識させてやると動くようになる。

こうして無事1.9.2と1.8.7を混在させることができた。

記事の品質向上のため、感想をお聞かせください。

  • 分かりやすかった・ためになった (0)
  • 分かりにくかった・ためにならなかった (0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)