東方音屋だけどお気に入りの東方アレンジ貼ってきたいと思います

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

神乃木です。

東方にハマったのはかれこれ7~8年前になるでしょうか。当時は風神録が出るとか萃夢想がヤバいとかそういう話題で盛り上がっている頃だったように記憶しています。
元々作曲に興味のあった僕にとって、そこから東方アレンジに入るのは簡単なことでした。

その過程で出会った様々な東方アレンジを紹介していこうという今回の記事。全体的に古めだと思います。おそらく1つではまとまりきらないので不定期で投稿していこうかなと思います。思いついたものをバンバン貼っていきます。

ボーカル編

まずはボーカル編から。実は東方はボーカルあんま聴いていなかったりする気がするので少なめです。


まず一発目はこれ。僕が「東方アレンジをやってみたい!」と強く思うきっかけになった曲です。「原作の音楽がこんなになるのか!!」と物凄く感動したのを思い出します。この曲の波形凄いんですよね。見事な羊羹。原曲もこの曲も強い思い入れがあるので、東方で一番好きな曲は多分「神々が恋した幻想郷」になると思います。


お次はこの曲。春の湊にのアレンジですね。いかにもアニソン然とした、あざといまでのポップぷりがたまりません。2サビ→間奏のお決まり感も最高です。


LUVディテクターと似た路線で1曲。超大手サークルSOUND HOLICの妖精大戦争アレンジです。ポップな感じでこれも素敵。


今度はロックアレンジ。歌がヘタだとかいう人も居ますけど僕は大好きです。なによりアレンジに疾走感がありますよね。サビ部分のメロがまた上手くアレンジされていて凄く良いです。


今は無きいえろ~ぜぶらのCDから1枚。サンバ調のアレンジです。サビで転調するのが良いのだけど、曲以上に歌詞がめっちゃ電波なのでよく聴いてみると笑ってしまいます。余談ですが、僕はこの曲をヘビロテしながら横須賀線で当時のバイトに向かっていたので、横須賀線に乗る度にこの曲を思い出します。


僕が東方イベントに行ったら100%新譜を買いに行く発熱巫女~ずの東方萃夢想アレンジ。まず原曲が良いのでその時点で卑怯なのですが、そこに民族調の疾走感がマッチして最高に良いです。発熱はハウス系のアレンジが多いですが、こういう曲調のもたまにはやってほしいですね。ドーーーーッ。あとこのサークルのだとRAiNY STARSも好きです。

インスト編

インストは自分がやっていたジャンルでもあるので、研究の意味も込めて色々聴きまくったイメージがあります。今回は特に印象に残ったものからニコニコ動画に音源が上がっているものを、サークル別にセレクトしていきます。


いきなり大本命です。最近はあまり音沙汰のないSensitive Heartというインスト系サークルですが、ここの曲は何を聴いてもアタリです。かっこ良かったり、風情があったり、物悲しかったり、曲全体から伝えたいものがビシっと伝わってきます。同じサークルの虹のカメリア(【ニコニコ動画】[東方名曲]虹のカメリア / Sensitive Heart)や竹取飛翔(【ニコニコ動画】[東方名曲]竹取飛翔 ~ Lunatic Princess / Sensitive Heart)も超オススメです。


Floating Cloud。ここもイベントがあれば必ず買ってるところです。東方アイリッシュというCDの最後に収録されている曲ですが、まさに大団円を飾るべく用意された曲。疾走感に対するなんともドラマティックなメロディが感情を揺さぶります。このCDは1枚で物凄くよくストーリーができているので、是非CD1枚で聴いて欲しいですね。


ジャズ+東方で一世を風靡した東京アクティブNEET’sより1曲。おそらくはPE’Zを強く意識していると思われるバンドですが、演奏技術もアレンジも素晴らしいです。他にも色々曲を出しているので是非聴いてみて!


SOUND HOLICからスムース・ジャズなインスト曲をご紹介。珍しい旧作のセレクトです。とにかく聴いていて心地よい!SHはジャズアレンジとしても有名ですよね。SWING HOLICはどれを買っても大体アタリなので良いですが、パッケージが全部似すぎてて買い間違えることが……。


お次はN-toneのoikoさんの曲です。oikoさんは黄昏フロンティアのマスタリングを一部担当している方ですが、ご本人はエレクトロニカ系の心地良い曲を作ってらっしゃいます。N-toneの総集編「Tone Box」は素晴らしい一枚です。


最後はお馴染みDemetoriからこの曲。僕は東方ロックアレンジといえばまずこのサークルが浮かびます。とにかく音が綺麗!聴いていてここまで心地よいロックはなかなかお目にかかれないです。同じシリーズの東の国の眠らない夜と優雅に咲かせ、墨染の桜もオススメです!

一旦疲れてきたので今日はこの辺で。

東方アレンジがここまで流行った理由は、やっぱり良くも悪くも「原曲のメロディが強烈」ということに尽きると思います。
どんだけ破壊してもゾンビのように残るメロディというのは本当にすごいですよね。

記事の品質向上のため、感想をお聞かせください。

  • 分かりやすかった・ためになった (13)
  • 分かりにくかった・ためにならなかった (1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)