環境を切り開き、周りに振り回されない人生を送るということ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

様々な要因によって人生というものは変動し、「周りに振り回されて生きている」人も多いと思います。

誰かが死んだ、大きな病気をした、引っ越した、会社が倒産したなど、自分がコントロールしきれない範囲での出来事により、その後の自分の人生が大きく変わるということは少なくありません。

では、そういったことを防いだり、軽減する手立てはあるのでしょうか?

昔、父親が激務による過労で倒れました。私と家族は、それなりの高いマンションで裕福な生活を送り、食べ物にも着るものにも遊び道具にも困らずに生活していたのです。しかしそれは父の激務による代償だったんですね。

結果として、私と家族は都会を離れ、田舎の方へ療養と称して引っ越すことになります。
しかし、小学生にとって転校というのは非常にストレスがかかることです。特にそれが、あまりにも文化圏が違いすぎる場所であれば尚更です。

転校したら、結果、まず「先生の言ってる方言がわからない」。これでかなり苦労しました。

そしてクラスではまるで宇宙人を見るかのような目で見られ、彼らの好奇心はどんどんエスカレートし、軽いいじめのようなものに発展しました。

しかし、何かいざこざがあった場合、先生は大概地元の子の弁護に回る。地元には町長だとか議員だとか、町の実力者の子息も居たわけです。転校当初は「こんなことを云われた!」「あんなことをされた!」と、毎日のように母親に泣きついていた記憶があります。

しかしそんな学校にも慣れた頃、再び転校となり、また同じようなことを繰り返します。しかしようやく落ち着いて暮らせそうだ、と思った矢先、今度は親族の都合で別なところに引っ越すことになりました。そこで更にいざこざがあり、恥ずかしい話ですが親族内で絶縁状態になってしまうような出来事がありました。

これらは全て私が小学生から高校生の頃まで起きたことで、子供である以上親についていくことしかできず、何も出来ない、環境を選べない、慣れたらすぐに引っ越し、その繰り返しを味わってきました。

「子供は親についていくことしか許されないんだよ! 俺の人生をどうしてくれたんだ!」と父親に詰め寄ったこともあります。今思えば親不孝なことを言ったなぁと思いますが、その時父親は下を向いて、静かに「すまなかった」と頭を下げました。

 

そんな高校時代を過ごした私が、18年間で考えたこと。それは「絶対に周りの環境に振り回されない、自分の環境は自分で切り開く」ということです。

「自分で環境を切り開く」というのは非常に色々なことを含んでいる言葉です。

例えば「◯◯がやりづらい」と思ったらそれを改善しようと試みるのも、ある意味「自分で環境を切り開く」ことに繋がります。

大学生になってある程度自分の人生を選択できるようになってからは、とにかく、自分にとって居心地がよく、過ごしやすい場所を作り、ストレスフリーな生活をし、主体的に人生を送ることを意識してきたつもりです。

環境に流されるのはラクチンです。しかし、悪い方の環境に流されると本当に辛い毎日が待っています。

それを防ぐためには、多少のストレスや気力の消費をしてでも主体的に動いたほうが良いことだって多くあります。「ストレスフリーを得るためにストレスを得る」というのも変な話に聞こえるかもしれませんが、結果的に見れば「ああ、あの時ああしておいてよかったな」と思うことだって少なくありません。

結局のところ、周りに振り回されない人生を送るためには自分が主体的に動くしかないんですよね。

さて、自分が主体的に動くようになると、今度は周りを巻き込んで、「自分が周りを振り回す」立場になるかもしれません。

その「振り回す」立場に立ったとき、私は、過去の自分に降りかかったような苦しい思いを自分の周りにさせないよう、最大限の努力をしたいと思っています。

そして、他人の人生に少なからず影響できる立場に立っているならば、私はなるべく良い影響を与えられるようにしたいと思います。

自戒を込めたチラシの裏でした。

記事の品質向上のため、感想をお聞かせください。

  • 分かりやすかった・ためになった (3)
  • 分かりにくかった・ためにならなかった (0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)