書評・レビュー

非リアな青春を追体験できる、有川浩「キケン」が心に染みた

有川浩の「キケン」という小説の文庫版が書店に並んでいたので、有川浩を作者買いする私は迷わず手に取った。

「塩の街」の初版が書店の棚に並んでいた時から知っている作家で、私の人生の多分10%くらいは彼女の小説に影響されているかもしれない。

「さあ、今回はどんなラブストーリーが待っているのだろうか? 理系技術モノっぽいし、どんな技術が登場するのか楽しみだ」

……そんな私の勝手な予測は、良い意味でがっつりと裏切られることになった。そうか、有川浩ってこんな作品も書けたんだ。

続きを読む

野崎まど「know」を、愛と欲望を交えて考察してみる

本記事は、野崎まどの「know」を読み終えて「???」となってネットで考察を探してみたものの、いまいちしっくり来ないと思っている読者の方向けに書いた記事です。

というよりも、同じ状況で、いまいちしっくり来なかったので、私なりの解釈をここに書いています。コメントによる議論等大歓迎です。

それだけ議論する価値のある作品だと思います。

よって、ネタバレを多分に含みます。 続きを読む

映画「パリ20区、僕たちのクラス」を観てみた

大人って何だろう? 子供って何だろう?

日本では、法律上は20歳で「成人」として扱われる。しかし、「成人」イコール「大人」ではない。成人でも「子供だ」と言われるし、未成年でも「大人だ」と言われることもある。

僕が「パリ20区、僕たちのクラス」を鑑賞した後にすぐやったことは、「平等」を辞書で引くこと、次に「大人」と「子供」の違いについて考えることだった。

この映画は、現役教師のフランソワ先生が教師役で出演し、フランスにあるごく普通の中学校の1クラスの1年間を描いた映画だ。カンヌ国際映画祭最高賞受賞作でもある。

続きを読む

【感想・レビュー】映画「楽園追放」を見てみました【ネタバレ考慮済】

巷で何かと話題になっている「楽園追放」を見たかったのですが、映画館に行く余裕もなかったのでiTunesで借りて見てみました。

今こんな風にレンタルできるんですね。便利なものです。

まず感想ですが、とにかく「見ていてワクワクする」作品です。
虚淵玄の作品はまどマギがあったので、また視聴者を試すような展開があるのかと思っていましたが、そんなことはなく、実に正統派な形で構成されており、終始興奮しっぱなしでした。

というか開始5分の時点で脳内麻薬が出っぱなしでしたね。

特に「マトリックス」みたいなサイバーパンクが大好きで、かつロボットアニメ物に興味があり、ネットワークやシステムに携わる仕事をしている僕からすると、なんというんでしょう、「黒髪清楚容姿端麗成績優秀家事万能」みたいな感じの作品です。

「ガンダム」「マクロスF」「エヴァンゲリオン」「サマーウォーズ」「マトリックス」「ブレードランナー」「マルドゥック・スクランブル」このへんが好きな人は是非一回見て欲しい作品ですね。

まぁこの記事の目的は感想を書きなぐるためであって勧誘するためではないので、感想に移ります。

続きを読む

残念。登場人物の感情に起伏が無く、話に躍動感が無い。「旅に出よう、滅び行く世界の果てまで。」読了

この話は、「喪失症」という謎の病気が世界中を席巻し、人々がゆるやかに消えていく最中の世界で、カブに乗った高校生男女が旅をする物語である。
「喪失症」とは、人が生きていた痕跡が跡形もなく無くなってしまう現象のことで、最初は文書の名前が消え、自分が自分の名前を忘れ、周囲にも名前を忘れられ、やがて身体が薄くなっていく症状だ。

この話の登場人物には、名前が存在しない。なぜなら人物は皆、「喪失症」状態にあるからだ。
主人公とヒロインでさえ、「少年」と「少女」と呼び合っている。非常に奇妙だ。

旅するのは、ことごとく人々が消え去った北の大地(恐らく北海道?)。
そんな中で出会った人たちとの人間模様を描く青春の一冊。

……という話なのだが、ハッキリ言って、この話は非常に惜しい。

作者があとがきで「締切1ヶ月前に書き始めた」と言ってるだけあって、なるほど、全体的にクォリティが低い。
とはいえプロとして作品を出してる以上、時間を言い訳にするのはナンセンスなので、どこが悪いのか書いていくことにする。

1.話の盛り上がりに欠ける

要するに構成の問題。この本は主に3部の構成になっており、それぞれの部で人と出会い、別れる話が描かれている。
しかし、3部の間に物語的意味の繋がりがほとんど存在せず、実質的にアンソロジーというか、短篇集のようなものになってしまっている。かといって、1部ごとに起承転結があって非常に盛り上がるか、と言われれば微妙で、結果的に話が分散していて読み応えが無かった。
どうせなら、きちんと1,2,3のすべての部が最終的に上手く結びつくようにするか、こういう部構成そのものを撤廃したほうが良かったと思う。

2.文章力が低い

同じようなジャンルで先に読んでしまった「世界の終わり、素晴らしき日々より(当ブログ感想)」と比べてしまうのは申し訳ないが、正直言って描写力・文章力共にレベルの低さを感じてしまい、読みながら残念な思いをした箇所が何度かある。無意味にレトリックや比喩を使いまくるのもどうかと思うが、使わないなら使わないなりにもっと上手に描写する術があったんじゃないか、と思う。

3.キャラクターの感情が平坦

魅力がないキャラクターというわけではない。ただ、感情が平坦なのだ。
中盤、とある登場人物が「喪失症」によって目の前で消えてしまう。
その時の会話の一部が、

「僕達には、どうしようもないかな」
「……そうだよね」

なんて会話している。そうじゃないだろう、と。
目の前で人が消えていく。自分たちも既に名前が解らない。進行が始まってる。いずれこうなるかもしれない。そんなことで良いのか? 不安にならないのか?
この話で一番残念なポイントだったと思う。というかこれが致命傷で、この話は面白くない。
旅をやめてその場で自殺しようとするぐらいのシーンは、この年齢の人物ならあっても然るべきだろうと思った。

主人公とヒロイン以外の別な女の子が現れるときも、ヒロインは「少年はきっと私と一緒にいるから大丈夫」なんて言っちゃってるし、そんな、別ルートに入った瞬間良い子になるギャルゲーの幼馴染じゃないんだから、と思ってしまった。
主人公もヒロインも、良い子すぎる。

世界観と設定が凄く良いだけに、話の作りの甘さとキャラクター造形のレベルの低さが露呈されてしまう、極めて残念な作品だった。

SFのように見えてただのミステリモドキ。ラノベらしく無いし、心に響くものもない:「パララバ」読了【ネタバレ無し】

電撃小説大賞金賞受賞作品。

この話は、いわゆるパラレルワールドモノで、主人公の女子高生の世界では彼が、そしてその彼の世界では主人公の女子高生が死亡しており、それぞれの世界の彼女と彼が電話で通じている――というところから始まるストーリーである。

パラレルワールドを扱うのだからSFの世界観で話が進むかと思いきや、話は非常に現実的な進行に終始している。
どうやら「彼」と「彼女」はそれぞれの世界で事故死したのではなく殺されたらしく、その犯人をそれぞれの世界で突き止めよう、という話だ。

一見面白そうな話なのだが、少なくとも僕には全く響いてこない話だった。
あまり面白くなかったので、適当にダメな点を書いていく。

まず、ミステリ風味で話が進行するが、あまりにも犯人とトリックと動機が稚拙過ぎる点。この話、主人公達が殺された理由があんまりにも現実世界でよくある話すぎる上、一方で高校生にはまず有り得ないような設定で犯行が行われており、正直言ってミステリとしては終わってると思う。
いわゆるミスリードも使われていないため、話が綺麗にまとまりすぎて、「どんでん返し」と感じる要素がないものマイナス。

次にキャラクターが響いてこない点。主人公の女の子含め、他のキャラがあんまりにも月並で平々凡々としすぎている。良く言えば「等身大でリアル」、悪く言えば「平凡」。
ラノベとしてやる以上、「現実的でリアル」なキャラクターはあまり求められていないと思う。
感情移入できない理由の一つに、話が女の子側でしか進行しないことを挙げておこう。主人公側と彼氏側で視点を切り替えながら進めていけば、もっと緊張感があって楽しい展開にできたはずだ。互いのキャラの良さも引き立つ。非常にもったいなさを感じる。

最後に、せっかくの「並行世界」を生かしきれてない点。単純に電話が繋がってるだけじゃなくて、もっと世界の原理に基づいたトリックをきちんと使って欲しかった。ミステリ風に話を進めるのであれば、この並行世界こそ最大のミステリなわけで、そこを曖昧にしたまま話を終えてしまうのはあんまりにも杜撰。そこをファンタジーにするのであれば、もっと徹頭徹尾ファンタジーな話にしても良かったのではないか。
要するにどっちつかずなのである。

なぜこの作品が電撃文庫金賞なのか、僕にはちょっと理解できなかった。
「今後に期待」ということなのだろうか。

主人公のドイツ人女子高生のキャラが可愛い。スタンダードで安心して読める:「アニソンの神様」読了【ネタバレ考慮済】

この話は、アニソンが大好きというドイツの女子高生が留学で日本を訪れ、高校の友達を巻き込んでアニソンバンドをやってしまおう、という話である。

話自体は、作者があとがきでも触れているように「ベタベタな話」なのだが、主人公のエヴァ(ドイツ人)の強引なキャラクター性と、サブキャラたちの動き方もなかなか綺麗で、最後まで安心して楽しく読めた。

あと、絵が可愛いのも魅力の一つか。

また、作品中ではツイッターやニコニコ動画等、我々が普段慣れ親しんでいるものが登場し、バンドメンバーにはボカロPが居るなど、非常に今の事情を反映した、ある意味ノンフィクション臭さえ感じてしまうような設定も個人的には良かったと思う。

なによりこの本で特筆すべき点は、実際のアニソンが作中で演奏されたり、聴かれたりすることだ。
最初読んだ時には、話の流れ的に「けいおんのパクりか?」と思ったが、その「けいおん」でさえ劇中歌として登場したときには恐れいった。

たいていの書籍ではそもそも曲名なんて登場しないし、曲が登場してもぼかされるのが普通なのだが、この本では全て曲名が羅列されており、ある程度アニソンを知っている人なら、より話に対する理解が深まる。逆にいうと、登場するアニソンを知らない人にはかなり酷なレベルの内容になっているとも思う。

作品中でこれらのアニソンは非常に上手く活用されており、僕はこれを一種の二次創作ではないかと感じもした。
要するに、曲が先にあって、小説が成り立つ、ということ。

このような試みは他の小説ではあまり見ないが(著作権切れの文学作品などをテーマにした小説は多いが)、メディアミックスの一つの形として、もう少し流行っても良いのではないか、と感じた。

もっというと、例えば何らかの商品の宣伝をするだとか、いわゆるステマだとか、そういうものの媒体としてのラノベだってあってもおかしくないし、それは充分「アリ」なのではないか? とも感じ、この本のおかげでラノベの可能性を改めて再認識することになった。

 

最後に、ネタバレを含む不満点を少しだけ。

 

この話は、冒頭に書いてあるように、ドイツ人留学生がアニソンをバンド演奏することがゴールになっているのだけども、どうせだからライブを日本最後のシーンとした上で、日本との別れまで描いたほうがもう少し綺麗に終わったと思う。
話の流れ・キャラ共にスタンダードで不満はあまりないが、そこだけはもう少し完結させてみても良かったんじゃないか、と思った。

でも好きですよ、この作品。

推敲不足。ヒロインたちがご都合主義でキャラに魅力がない:「レイヤード・サマー」読了

この話は、突然姿を現して「未来からやってきた」というヒロインと、そのヒロインが追いかけているという殺し屋、そして主人公とその周りの人間模様を描く物語だ。
ただのラブコメかと思いきや、途中から結構重たい内容になっていき、サスペンスやミステリーの風味を帯びていき……と思っていたのだが、結局何にもならずに終わってしまった。
割りと期待していただけに残念だ。

話の内容を追いかけて見直しても良いのだけど、正直話としてあまり面白くなかったので、ここではどうして面白くなかったのかについて記しておく。

1.無駄なシーンと描写が多すぎる

恐らくキャラとの親密さ、主人公の置かれている状況を説明するつもりだったのだろうけど、かえって逆効果になっている。
シーン1つ1つで拾い上げるべき要素があまりにも薄すぎるので(例えばクラスのみんなで出掛けた、誰誰を探して歩きまわったとか)、読んでいて情報を頭に入れることに集中ができない。
また、無駄な描写も多いのが気になった。話を進める上で必要のない情報、どうでも良い情報が随所に散りばめられており、こちらも読者の集中力を削ぐ結果になっていると僕は思う。
恐らくだが、こういう描写はエロゲーやギャルゲーのシナリオのほうが向いている。
あっちは、無駄なことを含めて、その世界観に没入している時間を得ることを目的とするものだから。

2.キャラがご都合主義すぎる

次にキャラクター造形についても問題があると言いたい。この話では女の子が3人登場し、そのうち2人がヒロイン候補、1人が悪役……という印象なのだが、ヒロイン候補の2人が一方的に主人公を好きになりすぎている展開が、あまりにもご都合主義に思えて面白さを感じなかった。
というよりも、ヒロインの良い所が描かれなさすぎなんだと思う。
特に茜についてはそう思う。都合良い時に癒してくれる、世話を焼いてくれる様子だけでは、読者の心を引き付けるのは難しいのではないか、と思った。
その反面、アンリについては多少感情移入の余地があるんだけども、なんというのか、オブラートを投げ捨てて言うならば、キャラに魅力がないんだと思う。

3.主人公が聖人君子すぎる

この話では殺人鬼として少女が登場するが、その少女に対して、主人公は「本当はこの子は優しいんだ、誰も殺してほしくない」といった動機で接触を図っていこうとする。そのスタンスは殺されかけるときでも継続しており、どこまでお人好しなんだろうとさえ思えてしまう。
また、その結果として、話全体が「悪い人なんて居ないんだよ」的な、悪人を作らない安っぽい展開になってしまっているのも非常に残念。
主人公がダークな一面を見せるなり、ヒロインをもう少しキチガイにしてみるなり、綺麗にまとまったキャラではない、もう少し尖ったものが欲しかったと思う。

4.全体的にチープ

これは感じ方が人それぞれだと思うが、主人公、及びその他キャラのセリフがチープに感じるのが気になった。
これも多分、3にあるように、主人公があまりにも善人として描かれすぎていること、ヒロインたちがご都合主義に描かれすぎていることに起因しているのだと思う。

5.最後の展開の消化不良感

また、最後に話が終わってしまう部分についても、非常に心残りな結果だと思う。
作者があとがきで「この話はまだまだ続いていきます」と言っているが、続いていきますじゃなくて、もう少し描きようがあったのではないかと思う。

あとストーリーの流れ方も概ね予想通りだったのも残念かな。
もう少し、驚くような展開がほしかったとも思える。

分厚い本なだけに充実した物語が読めるかと思ったが、結果的には不要なシーンが多くて安っぽい作りになっていたので、非常に残念だった。

ズレは確かに致命的だった。二度読んで、初めて解る深い愛情。: 「キミとは致命的なズレがある」読了【ネタバレ考慮済】

記憶を失った人間が主人公の物語は数多くあり、そのいくつもが、あっと驚く意外な展開を見せてくれる。
そんな中でも、この「キミとは致命的なズレがある」は、傑出して素晴らしい作品だったといえる。例によって「ラノベとして読むと???」になる作品で、これは殆どサスペンスと言って良いはずである。

が、とにかく伏線が面白いし、読み砕いていくととても心が温まるので、ぜひぜひ読んだ上で、読後の感想シェアやわからない点の考察等、声をかけてほしい。

 

 

 

以降はネタバレ有。

 

 

 

一見すると普通のミステリー系ラブストーリーで、フタを開けてみるとガチなサスペンス。そしてもう一度読み直すと、物凄く温かいラブストーリーであることに気づく。
理解を深めるにつれて味も変わる、実に味わい深い物語だった。

まず一番感動した点。これは何と言っても、夢野咲希の愛情に他ならない。

最後まで物語を読んだ上で、夢野咲希が夢野咲希として主人公に認知してもらえる瞬間をもう一度見ると、彼女の涙は、本当に色々なものがこもった涙だということがわかる。
克也に無視され、一生懸命書いた手紙は燃やされ、会話していてもそれは脳内の「ひなた」として彼には伝わる。
「自分の存在そのものが、理解して貰えない」彼女は、いったいどれだけ辛い思いをしてきたのだろうか。

一緒に居るにもかかわらず。一緒に会話してるにもかかわらず。
いや、だって、お前は俺の想像なんだろ?」 p228

と言われた時の彼女の気持ちは、果たしてどういうものだったのだろう?
それを考えるだけで、本当に心が痛むし、彼女には心から共感できるのである。

また、山美鳥の愛情についても汲み取っておきたい。
そもそも山美鳥が母親を殺すに至った背景には、「克也が殺人犯として誤解されており、そのせいで克也が殺されるのを防ぎたい」という想いがあったことを理解すべきである。
この時の美鳥の行動原理は、克也に対する好意によるものだと僕は思う。
その割に最後に克也も殺そうとしているが、彼女にとって「好意と殺意は併存するもの」として描かれているので、克也への好意は偽物ではないと思う。
だからこその、「――それと、大好きだったっすよ」(p267)というセリフなんだと思う。

物語の全容を理解し、状況を整理した上で登場人物達の動きを改めて見直すと、ここまで素敵な物語に変貌を遂げる。
その上で、散りばめられた伏線もほぼ全て回収できているので、鮮やか、としか言いようがない。

その上で、例によってこの作品は大好きなので、個人的に若干惜しいと思った点というか、こうすればもっと素敵だったと思える点について、以下の2点を挙げておきたい。

まず1点目。雨笠と美鳥の恋愛をもう少し描いてほしかったこと。
雨笠がホモっぽいというネタが若干安直なのもそうだが、もっと雨笠と美鳥の恋愛を詳細に描き、ふたりとも是非最後のパトカーで逃げてほしかった。
この話では、雨笠は最後のシーンで変貌した美鳥を見て憔悴しきっているが、そうではなくて「それでも美鳥のことは好き」という展開が見たかった。
そのまま一緒に行けば「共犯者」になるけど、それでも構わない、っていうある種投げやりな愛情があったって良かったのではないか、と僕は思った。
(ちなみに男女揃って「共犯者」的な設定が僕は物凄く好きです)

そして2点目。
これは何と言っても、「夢野咲希が浮かばれなさすぎ!」というところだろう。
折角認知してもらったのだから、咲希は自分がいかに辛い思いをしてきたかを語り、それに対して克也が詫び、そこで和解するシーンが欲しかった。
その上で、改めて友達として付き合うなり、恋人として付き合うなりしたほうが話のスジは通っていると僕は思う。
単純に美鳥の代わりに咲希が居ます、っていうだけのエピローグは、僕にとっては少々味気なかった。

他のレビューなどを見る限り、「殺人の理由が解らないから」等で本作品を低く評価しているものがあるが、そこで本作品を低く評価するのはお門違いだと言わざるをえない。

僕は、人を殺すことも、自分が死ぬことも、本質的には同じ意味を持っていると思う。
だからこそ、フラっと衝動的に死ぬ人間が居るように(衝動的に自殺する人の気持ちは、僕は結構理解できる)、フラっと衝動的に人を殺す人間が居てもおかしくはないなと思えてしまう。

そもそも、人をフラっと殺せてしまうその感性こそ、この作品のテーマである「致命的なズレ」なのだから。

鉄道好きなら安心して読める1冊:「RAIL WARS!―日本國有鉄道公安隊」読了

「もしも国鉄が分割民営化されずに残っていたら、どうなるだろう?」

鉄道が好きな人なら1度は考えるこのテーマを、ライトノベルとして描き起こした一冊。
この本の作者は「僕は君たちほどうまく時刻表がめくれない」も執筆しているので、その方面の人なら知っている人も結構いるかもしれない。

鉄道高校に通う主人公が、鉄道会社のOJTとして研修する配属先が、なんと鉄道公安隊だった、という話。
鉄道公安隊は実質上の警察組織。道案内からひったくり、テロ予告まで、国鉄管内で起きたことはすべて対応しなくてはいけない。
そんな中に放り込まれた主人公が、自覚はなくともたくましく成長していく様子を、ボーイミーツガールで色付けしつつ描かれている。

僕は君たちほどうまく~のシリーズは正直「まぁまぁ」という具合だったが、こちらはそれなりに話が推敲されており、読みやすく面白くなっている印象を感じた。
驚くようなどんでん返しはないけれど、次々に襲ってくる事件は飽きさせないし、人物描写もスタンダードに面白い。
逆にいうとスタンダードすぎてストーリー上の特色はないんだけど、テーマがテーマだしキャラも悪くないので続きは買ってみたいと思える一冊。

ただ鉄道に興味が無い人、よく分からない人からすると結構読みづらい、かもしれない……。
あと、細かいことにツッコミを入れていると負けである。

エンターテインメントとして充分楽しめるし、鉄道関係の話を考察しだすとキリがないので今回はこのへんで。