【Cubase】ロジカルエディターを使ってピアノの和音を一括で微妙にずらす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

MIDIでピアノを打ち込んでいると、和音に対してなんとなく違和感を感じます。
どうしても機械的に聞こえてしまうのですね。

人が弾いたピアノというのは絶対に微妙なテンポのずれとか和音のずれがありますから、それらを無視して演奏したら機械的に聞こえるのは当然です。

ちなみに超上手すぎるピアニストはあまりにもずれがなさすぎるため、逆にずらして演奏するようオーダーされることもあるそうです。

和音というのは3音とか4音で鳴らされることが殆どですが、リアルの演奏において全ての指が全て同じスピードで同時に押されるというのは結構考えにくいです。

そこで今回は、ピアノ譜における和音を少しずらして押せるように、ロジカルエディタを用いてノートの位置を一括でずらします。

「MIDI」→「ロジカルエディター」を開いてみます。

logical1

ロジカルエディタの画面は簡単で、上部のウィンドウで条件を設定し、条件に合致するイベントやノートに対し下部のウィンドウの操作を実行します。

ここでは、一定地点より後ろにあるノート全てに対して、ポジションをを-5~5の範囲でずらすということをやってみます。

logical2

今回の譜面はこんな感じです。ピアノの和音がありますが、1つ1つずらす作業は少し面倒くさそうですよね。

logical3

従って、ロジカルエディタに以下のように入力します。

①まずターゲットとする音符は、カーソル位置以降のもの。

②操作は、ポジションを「相対的なランダム値を加算」し、ランダム値の範囲を-5か5としてみます。

「適用」を押すと、和音が微妙にずれて以下の様な状態になりました。

logical4

どうでしょうか? 微妙に機械っぽさが消えたと思いませんか?

値はもっと大胆にずらしたりしても大丈夫だと思いますが、あまりずらしすぎるとベロシティの編集が面倒になるので、最後にやる作業にしてみても良いかもしれません。

 

記事の品質向上のため、感想をお聞かせください。

  • 分かりやすかった・ためになった (4)
  • 分かりにくかった・ためにならなかった (0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)