【艦これアレンジ】南方海域強襲偵察! 昼戦BGMのオーケストラアレンジを投稿しました!

神乃木です。

さてさて、今日は約3ヶ月ぶりの作品投稿となります。

記憶に残る名曲、「南方海域強襲偵察!」の昼戦BGMのオーケストラアレンジを投稿いたしました。

今回は初めてのオーケストラアレンジということで、12月頭の製作開始から、ひたすら試行錯誤の毎日でした。

そうこうしているうちにオーケストラ音源のQLSOが届き、一旦完成したものの、「音が微妙だな……」ということで更にストリングス音源「CineStrings」を追加購入。

度重なる修正を経て公開という、結果的になんとも労力と金のかかったアレンジになりました。

今回のアレンジで特に気を使ったポイントは、「曲に物語性(ストーリー)を持たせること」です。
僕がいつも見ている映画音楽作曲家のブログでは、「曲には常にゴールがあり、ゴールまで聴衆を導くのが音楽だ」と言っています。

これを自分なりに解釈し、工夫してみた結果が今回の曲です。

正直オーケストラをやっている人からすれば、譜面や演奏、まだまだ至らない部分も多々あると思いますが、少しでもその辺りが伝われば幸いです。

制作の裏側

というわけで本ブログでは、更に今回の曲作りを掘り下げ、どういうふうに考えてこの曲を作ったのか、自分にとっての振り返りとしても記録しておきたいと思います。殆ど自己満足です。
まずは曲の構成から。 アレンジ構想当初から、「原曲通りのアレンジにはしない」というイメージがありました。

原曲だと前奏部分・メインテーマ・サブテーマの3パートで合計1分程度しかないので、それだけにしちゃうと少し物足りないなと思ったからです。
ですので最初の課題は、いかに原曲の成分を引き伸ばすかというところでした。

制作風景

制作風景

とはいってもやはり限界はあるので、前回のトランスアレンジでも使用した夜戦の曲からもフレーズを拝借することにしました。
他の曲(具体的には工廠の曲)も途中まで入れて作っていたのですが、そうすると今一つ曲から勢いが無くなってしまったので今回は無しにしました。

なんとなくですが、「最初に主題を出す」→変奏する→「主題を出す」という流れは当初から頭のなかにあって、そこに載せるストーリーも、「かっこいい」→「寂しい」→「悲しい」→「かっこいい」みたいな感じの波を作ることを考えていました。

こうした検討を経て、最終的に落ち着いたのが現状の構成。
イメージしている物語と共に、曲を振り返っていきたいと思います。

前奏(開始~)

原曲の前奏から受けたイメージは、「これから戦いが始まる!」というイメージそのものです。そこに不気味さと不安が少し入り混じった感じ。

 前奏からトバしていく案もありましたが、やはり前奏は少しおどろおどろしい感じを盛り上げて行きたかったので、最初は少し音の数を減らし、時間をかけて前奏を行うことにしました。 最初に鳴る低音のチューバは開戦の合図となる船の汽笛をイメージしています。前作ではソナーをイメージしたサウンドを入れたので、今回は汽笛ですね。ちょっとわかりにくいかもですが。

「不気味」な感じよりは「戦い」をイメージしたかったので、序盤のうちに一気にオーケストラヒットが入るようにしました。ここで明確に「敵」と「戦い」の存在を認知させます。

そして徐々に緊張感を高め、弦のトリルが入り、テンションがMAXになったところで……! あえてそのままメインテーマには移行しません。

一小節だけなのですが、シロフォンの4分音符で緩衝になる部分を設けました。これも結構悩んだのですが、緊張感を高めたものをクールダウンさせるという目的と、後に続く弦のフレーズを聞き取りやすくするという目的があります。原曲のフレーズとは異なって弱起にし、「次にこのストリングスが入るよ!聴いてね!」というのを強調しています。

クールダウンさせた理由は、まだ曲の序盤だからです。沸騰してきたお湯に無理やり水を入れて熱を下げるようなことをしています。本当に沸騰して欲しいのはもう少し後ですからね。

一回目のメインテーマ(30秒~)

というわけで始まったメインテーマですが、まず原曲から受けたメインテーマの印象は、「勇壮・クール・頼りがいがある・かっこいい」です。前奏部分の不安感と緊張感を一気に蹴散らすような、安心感さえも与えるようなフレーズですね。

この印象のうち、ここでは「クール」「頼りがいがある」を中心に表現することとし、まずメインテーマ前半は弦がクールに低音部分を奏でるようにしました。そして、後から金管が頼りがいを感じさせるフレーズを奏でる感じですね。後半部分はお決まりの弦と金管の掛け合いとしました。

間奏(53秒~ オリジナル部分)

メインテーマを演奏したらすぐに間奏に入ります。メインテーマが少し物足りなかったかもしれません。また、原曲を聴いている人なら「あれ、次のパート来ないのか」と思うかもしれません。その微妙な物足りなさを蓄積し、後に繋げていくようにしています。

しかし、物足りなさを打ち消すようにここで転調。ここは原曲の前奏を変奏し、コード進行を変更しています。イメージとしては、戦いは落ち着いたものの、戦局が変わって予断を許さない状況といったところです。

間奏部分の8小節が終わるとドラムが入ってきます。ここは純粋なオーケストラアレンジでは有り得ないですが、作りたいイメージはゲーム音楽であったため、アリだろうと思って入れました。またテンポを事実上半分にすることで、リズム感に変化を産むようにしています。

また、ここでは母港のフレーズをホルンに演奏させることにしました。戦局が変わり、戦闘中にふと母港のことが頭によぎるような場面をイメージしています。

間奏(1分17秒~ 原曲部分)

そんな邪念を振り払うかのように、シロフォンと弦の駆け上がりで更に次のパートです。ここは原曲部分をほぼ尊重しました。イメージとしては一旦の決着、もしくは膠着状態ですね。

ただ、後に来る三連符の伏線として、シロフォンだけが三連符でコンコンコンというフレーズを続けています。

そして若干不自然とも言えるレベルの大きな三連符の転調。ここで「戦いはまだ終わっていないんだぞ!」ということを呼びかけています。

更に、少し走り気味でホルンがモチーフを奏でます。そのモチーフが夜戦のテーマ。これは「艦これ」のBGM全体で使われているので、今回も使ってしまおうという判断です。その後のトランペットのカウンターフレーズも、夜戦のボス戦から拝借してきました。ここでのモチーフは、次の楽節で同じメロディが使われることの予告でもあります。

ここで終わったかに見えた戦いに新たな敵が訪れ、しかもそれが強そうである、というのがこの部分でイメージしたことです。

艦これメインテーマのアレンジ部分(1分41秒~)

さて、ここでこの曲は一気にトーンを落とします。弦と金管主体で進んできたメロディが、一気に木管主体に切り替わります。ここはまさに回想シーン。過去にどんな戦いがあったのかとか、亡くなった仲間がいるとか、そういったことを回想させる「哀」とか「寂」の部分ですね。

ここの演奏は正直なところもーーー少し感情をこめて丁寧にやってほしかったのですが、今の僕では打ち込みの技量が足りなかったのでまだまだ勉強が必要だなと思ったところでもあります。

楽節の終わりは大きなクレッシェンドで、次の泣きのフレーズに繋げます。

原曲メインテーマの変奏部分(2分6秒~)

この部分では、寂しい回想シーンから一気にストリングスが駆け上がり、情熱的なメインテーマの変奏が流れます。前の寂しさを乗り越えるような、確実に一歩ずつ前に進むような、感動を呼び起こせるようなイメージで作りました。

ここでのポイントは、メインテーマのコード進行が一部変更されていること。同じコード進行が2回続くのはちょっと飽きるかなと思い、1つ目のマイナーコードをメジャーコードにしてみました。こうすることで、より「以前とは違う」という部分を強調し、また飽きさせないように工夫をしたつもりです。

リズムについても、実質テンポを半分に落とし、原曲のイメージである「勇壮」をより全面に押し出すようにしました。

楽節の終わりは、いよいよ最終決戦が来ることをイメージし、最大限のクレッシェンドを溜めに溜めるブリッジにすることにしました。

原曲メインテーマx2回(2分30秒~)

ブリッジから待ったなしで、再び一気にメインテーマが訪れます。ここではシロフォンの緩衝地帯はありません。そのまま決戦に突入するイメージです。今までの微妙な焦らし感を極力解消できるように、もう少し言うとカタルシスを感じられるようにするため、このような繋がりとしました。

コード進行は前回の変奏時をそのまま使用しています。「今度は、今までとは違うんだぞ(だから負けないぞ)」という強い意志を表現しています。

フレーズの終わりにピアノの煽りが入り、もう一回メインテーマがリピートします。これで完全にテーマを印象づけます。

そしてさらにダメ押しのもう一回。ここでは4小節をスタッカートの強打でまとめ、いよいよ決着が付きそう=曲が終わる印象をつけることにしました。その後の4小節は完全にまとめにかかっており、戦いが(一端は)終わったことをイメージしています。

アウトロ~終わりまで(3分32秒~)

アウトロは、曲も終盤にさしかかり、いかにもまとめにかかったように思えたところで、再び前奏のフレーズが用いることにしました。「え、終わりじゃなかったの??」と思う方もいらっしゃると思いますが、ここは「戦っても戦っても次の戦いが訪れる」という理不尽なニュアンスを込めるため、再び前奏に戻る形を取りました。ここだけ抜き出してループにしたら1時間耐久とかの動画が作れそうですね。(真顔)

ただ前奏をくどくど続けてもあまり意味はないので、簡潔に3回だけ繰り返し、一番最後はシンプルなオーケストラヒットで締めとしました。

おわりに

長くなりましたが、今回の曲は以上のようなストーリーに基いて展開を構成しています。こういう感じの展開を作るのは初めてだったのですが、作っていて面白いなと感じました。

自分の曲の最初の聴者は自分ですから、やっぱり自分が聴いていて良いなと思える曲を作らないとダメだなぁと思いますよね。

その一方で、特に打ち込み技術やマスタリングを中心にいくつか課題も残ったので、そのあたりは今後の努力目標にしたいと思います。特に音量については、動画サイトの他の動画に埋もれないよう結構無理して出しているので、上手い妥協点を探りたいところです。あと、QLSOはともかく、ストリングス音源のCineStringsはかなり扱いが難しい音源です。重たいし。エンコードについても、ブラウザによっては音と映像がズレたりするので課題ですね。

というわけで、新年1曲めはこちらの「艦隊決戦 Orchestral Version」でした。今年も神乃木製作所をよろしくお願いいたします!

 

東方音屋だけどお気に入りの東方アレンジ貼ってきたいと思います

神乃木です。

東方にハマったのはかれこれ7~8年前になるでしょうか。当時は風神録が出るとか萃夢想がヤバいとかそういう話題で盛り上がっている頃だったように記憶しています。
元々作曲に興味のあった僕にとって、そこから東方アレンジに入るのは簡単なことでした。

その過程で出会った様々な東方アレンジを紹介していこうという今回の記事。全体的に古めだと思います。おそらく1つではまとまりきらないので不定期で投稿していこうかなと思います。思いついたものをバンバン貼っていきます。

ボーカル編

まずはボーカル編から。実は東方はボーカルあんま聴いていなかったりする気がするので少なめです。


まず一発目はこれ。僕が「東方アレンジをやってみたい!」と強く思うきっかけになった曲です。「原作の音楽がこんなになるのか!!」と物凄く感動したのを思い出します。この曲の波形凄いんですよね。見事な羊羹。原曲もこの曲も強い思い入れがあるので、東方で一番好きな曲は多分「神々が恋した幻想郷」になると思います。


お次はこの曲。春の湊にのアレンジですね。いかにもアニソン然とした、あざといまでのポップぷりがたまりません。2サビ→間奏のお決まり感も最高です。


LUVディテクターと似た路線で1曲。超大手サークルSOUND HOLICの妖精大戦争アレンジです。ポップな感じでこれも素敵。


今度はロックアレンジ。歌がヘタだとかいう人も居ますけど僕は大好きです。なによりアレンジに疾走感がありますよね。サビ部分のメロがまた上手くアレンジされていて凄く良いです。


今は無きいえろ~ぜぶらのCDから1枚。サンバ調のアレンジです。サビで転調するのが良いのだけど、曲以上に歌詞がめっちゃ電波なのでよく聴いてみると笑ってしまいます。余談ですが、僕はこの曲をヘビロテしながら横須賀線で当時のバイトに向かっていたので、横須賀線に乗る度にこの曲を思い出します。


僕が東方イベントに行ったら100%新譜を買いに行く発熱巫女~ずの東方萃夢想アレンジ。まず原曲が良いのでその時点で卑怯なのですが、そこに民族調の疾走感がマッチして最高に良いです。発熱はハウス系のアレンジが多いですが、こういう曲調のもたまにはやってほしいですね。ドーーーーッ。あとこのサークルのだとRAiNY STARSも好きです。

インスト編

インストは自分がやっていたジャンルでもあるので、研究の意味も込めて色々聴きまくったイメージがあります。今回は特に印象に残ったものからニコニコ動画に音源が上がっているものを、サークル別にセレクトしていきます。


いきなり大本命です。最近はあまり音沙汰のないSensitive Heartというインスト系サークルですが、ここの曲は何を聴いてもアタリです。かっこ良かったり、風情があったり、物悲しかったり、曲全体から伝えたいものがビシっと伝わってきます。同じサークルの虹のカメリア(【ニコニコ動画】[東方名曲]虹のカメリア / Sensitive Heart)や竹取飛翔(【ニコニコ動画】[東方名曲]竹取飛翔 ~ Lunatic Princess / Sensitive Heart)も超オススメです。


Floating Cloud。ここもイベントがあれば必ず買ってるところです。東方アイリッシュというCDの最後に収録されている曲ですが、まさに大団円を飾るべく用意された曲。疾走感に対するなんともドラマティックなメロディが感情を揺さぶります。このCDは1枚で物凄くよくストーリーができているので、是非CD1枚で聴いて欲しいですね。


ジャズ+東方で一世を風靡した東京アクティブNEET’sより1曲。おそらくはPE’Zを強く意識していると思われるバンドですが、演奏技術もアレンジも素晴らしいです。他にも色々曲を出しているので是非聴いてみて!


SOUND HOLICからスムース・ジャズなインスト曲をご紹介。珍しい旧作のセレクトです。とにかく聴いていて心地よい!SHはジャズアレンジとしても有名ですよね。SWING HOLICはどれを買っても大体アタリなので良いですが、パッケージが全部似すぎてて買い間違えることが……。


お次はN-toneのoikoさんの曲です。oikoさんは黄昏フロンティアのマスタリングを一部担当している方ですが、ご本人はエレクトロニカ系の心地良い曲を作ってらっしゃいます。N-toneの総集編「Tone Box」は素晴らしい一枚です。


最後はお馴染みDemetoriからこの曲。僕は東方ロックアレンジといえばまずこのサークルが浮かびます。とにかく音が綺麗!聴いていてここまで心地よいロックはなかなかお目にかかれないです。同じシリーズの東の国の眠らない夜と優雅に咲かせ、墨染の桜もオススメです!

一旦疲れてきたので今日はこの辺で。

東方アレンジがここまで流行った理由は、やっぱり良くも悪くも「原曲のメロディが強烈」ということに尽きると思います。
どんだけ破壊してもゾンビのように残るメロディというのは本当にすごいですよね。

【Cubase】MIDIキーボードのツマミをCubaseにアサインする


A-800PRO 製品ページ

私はキーボードにRolandのA-800PROを使用しています。

このキーボードはMIDIツマミやスイッチがたくさん付いており、DAWのコントロールも出来てすごく便利です。

今回は、MIDIキーボードのフェーダーをCubaseのMIDIトラックにアサインし、フェーダーでMIDIのボリュームやエクスプレッションを変化させる方法をご紹介します。

CubaseでMIDIキーボードからMIDIコントロールをアサインする基本の考え方

私のキーボード(A-800PRO)では、フェーダーを動かすと特定のMIDIコントロールチェンジが送られます。おそらく他のキーボードも同様だと思います。

Cubaseでは、①コントロールチェンジを一旦Cubaseの「クイックコントロール(QC)」に割り当て、②「クイックコントロール(QC)」をMIDIに割り当てるという二段階の割り当てが必要になります。

つまり、同じツマミを動かしても、MIDIトラックごとに振るまいを変えることができます。こうすることで、あるストリングス音源では左端のツマミがレイヤーコントロールを意味し、あるシンセ音源では同じツマミなのにカットオフレゾナンスを意味する、といった使い方が可能になるのです。

フェーダーを動かす→CubaseがQC値を変化させる→MIDIトラックとQCのアサインに従い、MIDIパラメータが変化する

という手順になります。

実際に設定する

では、実際にCubase7上で設定してみましょう。ここでは、A-800PROの左端のフェーダー(S1)を、エクスプレッションに設定してみます。

①まず、Cubaseのデバイス設定を開きましょう。開いたら、「リモートデバイス」の「クイックコントロール」を開きます。

apro1

②表の上にある「QuickControl1」をシングルクリックし、行を灰色にします。

③画面右側の「学習」チェックを入れます。

④MIDIキーボード上で左端のフェーダー(S1)を動かします。
apro2

⑤「MIDIチャンネル」「アドレス」などの値が変化し、QC1にフェーダーが割り当てられました。

⑥「学習」チェックを外し、「OK」を押してデバイス設定を閉じます。

⑦MIDIトラックにQCを割り当てます。割り当てたいMIDIトラックを選択し、左のメニューから「クイックコントロール」を選択します。
apro3⑧現在、8つのクイックコントロールが何も割り当てられていない状態です。ここで、一番上の黒いセルをクリックすると、割り当てるコントロールを訊かれますので、ここで「CC11」を選択します。

apro4

⑨設定が完了しました。これで、物理フェーダーからMIDIトラックのエクスプレッションを変化させることができるようになりました!
apro5Cubaseでは8個のQCを備えていますので、最大で8つのツマミを登録することができますね。更に8つのツマミがトラックごとに無数のCCにマッピングできるので、おそらくこれで困ることはないと思います。

やはり物理的にフェーダーを触りながら曲を作ったほうが生産性が高まることは間違いないですよね!

ちなみにサスティン用にこういうペダルもあると更に捗りますのでおすすめです!

 

【Cubase】eLicenserを正しく挿したのにCubase7が起動しない! 今回の対処

cubase

神乃木です。
Cubase7(Ver7.0.6 64bit)が起動しなくなったので、その対処です。

現象

Cubase7が起動しない。起動後、プロセスには現れるが、メモリが13000Kあたりを境にそれ以上読み込みもしなくなり、CPUも食わなくなる。

原因

eLicenserが抜けてた! 何だ、挿しなおせばいいじゃん!

挿しなおしても起動せず……。

もう一つトラップがありました。

eLicenserを挿し直したら、プロセスからSYNSOPOS.exeを一旦強制終了しないと、Cubaseが起動してくれません。前のライセンスデータが残ったままになるっぽいです。

cubase

せめてエラーメッセージでも出してくれればいいのに……。

【艦これ】冬のイベント海域に挑戦してみたよ

神乃木です。
正月くらいは大学の修論をお休みしようということで、正月は久々に艦これにログインしてイベント海域をやってみました。

「じゃーとりあえずデイリー建造回すかー」ってことで建造をしてみたところ、300/300/600/600で瑞鶴出現!
Bc0cRgoCIAA0q4e

更に「せっかくだし大型艦建造も1回くらいしよう」ということで3000/3000/3000/3000で回したら長門さんも出現!
Bc3g4Y0CAAEcSzb

ふたりとも数ヶ月に渡って探し続けていたキャラなだけに、新年早々大変幸先のよいスタートを切ることができました。

ということでイベント海域攻略をはじめ、まずは潜水艦マスでイオナをゲット。
Bc3kgpfCQAADph4
普通にかわいいしシコリティ高いですね。この子だけはイベント終わっても鎮守府に居てほしいなぁ……。

Bc4KpYmCcAAF7au

で、次はツンデレ重巡ことタカオをゲット。この子はビーム超重力砲を撃ってくれるので非常に頼りがいがあったのですが、たまーに霧の艦隊から食らって大破とかするので資材がマッハでした。
なおこの時点(E2攻略完了)で既に鋼材が7000。修理代が高すぎて死にそうになっています。

そして3-2で空母狩りを続けた結果、ハルナをゲット。E3へ突入します。

E3は流石に相手が硬い!
Bc4wRXOCEAAomdS
霧の艦隊の超オーバーテクノロジーバトルに付き合わされる通常艦がふびんで仕方なかったです。

Bc5GxQWCYAAjcJ6
そうこうするうちに資材がどんどん目減りし、一気に落ち込みます。こりゃ連戦は無理だな……ということで遠征で資材集めに奔走。

最終的なパーティはハルナ・タカオ・長門・翔鶴・北上・イオナで固定になりました。
空母は不要説もあったのですが、冒頭にある程度叩けるのと、T字不利回避のために必要だったので突っ込んでいました。
ハイパー北上さんとイオナは普通にナガラ級を開幕でぶっ潰してくれるので大変頼もしかったです。陣形は単縦陣固定。

長門はまだ改でもないのに大活躍してくれました。超弩級戦艦すごい。

Bc-DMgQCcAAt4b9

最後は演習でキラキラにしてから2回連続でボスを叩き、見事イベント報酬の伊401を手に入れることができました!

とはいえ資材が足りなさすぎてもはやプレイ続行不可能…。
しばらくは遠征回しの日々になりそうです。