富士山と紅葉を見に山中湖の方へ行ったらめちゃくちゃ良い旅だった話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは神乃木です。先週はなかなかタチの悪い風邪を引いてしまって一週間開店休業状態でした。

先週末の三連休こそ紅葉を見て高揚するつもりだったのに、特に予定を入れなかったのが災いしてかおもっくそ風邪引くっていうね…やっぱり予定入ってないと気が緩むなぁとか思ったり思わなかったり。

そんなわけで外出欲(虚無ともいう)が溜まっていた私は、今週末の天気を見て「いけるな?」と思いフチヤモリくん(別なブログサイトをやってるサークル仲間)に声をかけたわけです。

フチヤモリ君は小癪なことに先週も八ヶ岳に行きやがっていたのですが気にせず山梨方面を提案。流石に八ヶ岳二週間連続で被せるのは人としてどうかと思ったので富士山に行こうと相成りました。

それ決まったの金曜の夜だったけど、なんかまあ思ったよりもかなりいい感じな旅行になったので紹介していきます。

一日目 山中湖の村人はみんな富士山が大好き

旅程は全体で一泊二日。フチヤモリ君は土曜も社畜だったので、昼過ぎからのスタート。土曜日はまぁ移動できりゃいいなくらいの感じで緩めの工程です。

君の名はみたいな感じの景色を見ながらいつもの首都高で向かいますが、さすがに午後に入ると土曜日の下り線も空いていますね。

八王子の石川PAで遅めの昼ごはんにラーメンをセレクト。「八王子ラーメン」と名前がついていたがどのへんが八王子なのかは食い終わっても理解できなかった。微妙にバターっぽい風味がついてる? ような気はしたけど、まぁぶっちゃけ普通のラーメンですな。

途中10分くらいの渋滞を挟みつつ山中湖に到着。土曜は曇ったり晴れたりの予報だったので期待はしてなかったけど、やっぱり富士山は曇ってますな。

まぁ曇ってる富士山撮ってもしゃあないので茶でもしばくかと近くの喫茶店を探すものの、山中湖周辺にそんなシャレオツな喫茶店なんてなかなかなくて、なんかもうお食事処でいいんじゃね?みたいな話をしてたら「あ、コーヒーってあった」とフチヤモリ君がいうので喫茶店を見つけて入りました。

SANKAKU(Google)ってとこですね。

コーヒーは至って普通の味なんだけど、外は既に気温10度を余裕で切ってて寒い寒い。ヒーターの前に陣取って無限に根が生えてました。

店主の人が「今日はこの後どこへ?」というから、「今日は宿に泊まって明日は富士山を見に行きます」と言ったら我が意を得たりとばかりに富士山ビュースポットの解説が始まった。

湖畔ではどうやら北岸の「長池親水公園」、南岸付近の「パノラマ台」というところが良いらしく、実際後で行ったけどめちゃくちゃ良かったので、ここで地元民による解説を聞けたのはラッキーでしたね。

「ちょっともう少し居てくれる?」と言うので居たら店主出てっちゃった。留守番かいw 20分くらい根を生やしてたら店主はお戻り。宿にチェックインの時間です。

今回の宿は「やぶき荘」ってところ。和室になんか転がってますがこれがフチヤモリ君ね。なんと土日なのに二人で11000円と結構なお安さ。女将さんも親切だし、風呂場も大きくてお湯も暑すぎなくて快適でしたな。

ちなみに女将さんに「明日は富士山を見に行くんですよ」と言ったら、我が意を得たりとばかりに富士山ビュースポットと時間帯の解説が始まったので、山中湖周辺の人はみんな富士山が大好きなんだろうなと思った。まあそりゃそうだけどね。俺も八ヶ岳住んでたときから八ヶ岳大好きだし。

てわけで夜ごはんへ移動。夜はほうとうの定番チェーン「小作」で食べました。例の喫茶店の店主が「この辺では私は小作がいちばん好きですね」と言ってたのでそれに従いました。

いやぁ~おいしいですねほうとう。山菜の旨味とかぼちゃの甘味と豚肉のエキスが染み渡っていて、ちゃんとダシもきいていて素晴らしい。「これ雑炊にしてえな」と言ってご飯を頼んだが運の尽きで、腹がパンパンになるまで食べましたとさ。

かなり混雑してたけど回転も良くてさすが流行ってるだけあるなぁって感じですね。ほうとうも1個1400円とかなりお安かった。マスターピースだな。

食後は湖畔でやってた紅葉まつりとやらへ移動……したけど、なんというか紅葉の植え方がちょっと微妙な感じなのと、富士山と絡めて撮るのも難しいからなんともな感じ。

よく見るとまだ緑色が多いw この辺でも紅葉はまだですかねー、今年は夏場クソ暑かったし仕方ないのかも。

スーパークソ寒タイムだったので宿に戻り、風呂に入ってやっていきタイムに。白州って今すごいレアらしい。セブンで普通に売ってたけど。そして久々に飲むとやっぱ美味しいんだよなぁ~白州は

というわけで、明日は早いので可愛い毛布にくるまっておやすみなさい。日付変わる前に寝たの久しぶりでしたな。

二日目 富士山は朝が一番かも

てわけでAM5:30に起きました。宿の二階の窓を開けると富士山がくっきり!! いや~きれいですねぇ。テンション上がってきたのでさっさと支度をして出かけることにしましょう。

朝6時過ぎの山中湖は一面が霧になっててすごい幻想的な感じです。パノラマ台のほうに上がるか迷ったけど、霧に包まれてるとアレなのでまずは長池親水公園(山中湖の北岸)で富士山を愛でることに。

湖面から上がる湯気というか霧がすごい。ちなみに気温は2度くらい。くっそ寒いけど、まぁ寒いなりの服装で着てたしカイロもあったので、椅子を持ち出してカメラを立て掛けてしばらく富士山を愛でます。

少しするとだいぶ日が上がってこっち側は晴れてきました。途中で白鳥とかも泳いでて優雅な時間でしたね。早朝にも関わらず結構な人たちが富士山を見に来てて、山中湖って本当に富士山の村なんだなぁと。

1時間くらい、富士山をだいぶ堪能したのでパノラマ台方面へ移動。反対側はよく晴れてるけど、南岸のほうはかなり霧がかかってるのわかります?

で、走ってたらちょうど日がこちらのほうにも差し始めて、霧と相まってすごく幻想的な風景になってきた。

思わず車を止めてカメラを構えるとこんなかんじに。なんかMacの壁紙みたいw

そんな感じでパノラマ台のほうへ向かいます。

パノラマ台は山中湖の標高1000mから100mくらい登った1100mで、登ってると霧が晴れてだいぶいい感じになってきました。

パノラマ台はこの場所ね。

で、そのパノラマ台からの風景がこちら。

どーーーん。すごい。富士、雲海、紅葉、すすきって感じだ。

宿屋の女将さんいわく「富士は朝が一番いいよぉ」とのことだったけどこれは確かにそのとおり。視界もかなり良いっすな。

右に見えてるこれは北岳かな?

位置的には右下から左上をみてる感じ。八ヶ岳も見えるらしいけど富士山に夢中すぎてまったく見てなかったw

こっちは人もかなり居て、椅子を出して愛でる感じではなかったので(とはいっても三脚も建てれるしそもそもテーブルとかトイレもあった)、ある程度満足するまで撮って退散。

今年一年分くらい富士山は堪能したので、あとは紅葉をもう少し回収しようかねということで、河口湖のほうへ。

河口湖はやっぱ市だな

河口湖はもみじ回廊というところがいい感じの紅葉らしいのできてみたけど、紅葉はまだ3割~4割くらいな感じで微妙な感じ。

ちなみに人の数は山中湖と比べ物にならんくらいで、特に中国人観光客がめっっちゃくちゃ多かった。ほとんど中国ですな。

河口湖畔まできたのでとりあえず一枚。個人的には富士山はこっちのアングル(北側から)のほうが好きかもなぁ~。見慣れてるってのもあると思うけど。

無理やりもみじと絡めようと思ったけど難しかったw てか全般的にほんと紅葉してるところが少ないw

てわけで撤収。途中で手作りのゼロ戦作ってる工房があった。最初実機かと思ったけどよく見たら模型っぽいしすごい根気だよね。

最後の目的地は釣り堀です。

場所は「富士見つり堀」というところです。ニジマスを現地調達するためにやってきました。やっぱ山にきたら川魚も食べないとね。

着たとき(9時半くらい)は客が1人もいなかったけどだんだん客が増えてきました。餌はチーズの練り餌だけど、釣れてないのをみてか途中でイクラを投入されました。めっちゃ食うけど合わすの難しすぎワロタ。途中で金魚か?みたいなサイズのちっさなマスがかかったけど、小さすぎるのでリリース。フチヤモリ君はけっこういい大きさのマスを釣ってた。

で、一匹ずつ食べますと言ったら私の分はイケスで釣ってねと言われて調達。都合2匹になったので塩をかけて燃やしてもらいました。

焼きはじめのときはコンロの上でピチピチしてた。新鮮っていいよね。

15分くらいでこんがり焼けました。

う~んおいしい。君は僕の胃袋に収まるために生まれてきたんだね! 自然に感謝しながら尻尾までバリバリ食べました。ごちそうさまです。

鱒釣り体験は50分経過または3匹釣れるまでで1500円。焼いてもらうと100円。比較的良心的な値段で遊べるし、施設の人も親切で感じよかったですね。

「夏はよく釣れるからまた夏にも来てね」と言われました。そうしよう。

おわり:昼過ぎに中央道に入れば渋滞知らず

はい、というわけで富士山を堪能して帰路へ。釣りまでしても時刻は12時前とかなりの余裕。

このまま夕方までいると中央道が混み始めるし、なんといっても朝5時起きでクソネミなので帰っていきます。中央道の日曜日は昼過ぎから小仏トンネルでひっどい渋滞が始まるので、それさえ回避すれば勝ちですな。

目安はつまり小仏トンネルを14時までに通過するくらいでしょうか。でも13時半の段階で既に1kmくらい軽い渋滞が始まってました。根本的に線形が悪すぎるのよねあの辺w

帰りは私がフチヤモリ君の車のハンドルを握ってヤモリ君は爆睡。つつがなく高速を通って、都内の家には3時前に帰着しました。いやー快適快適。

 

てなわけでお手軽一泊二日の富士山旅行をしてきました。朝早いと1日が有効活用できて良いですね。土曜午後→日曜午前だけの滞在にすると高速の渋滞とかち合わないし、山梨方面とかで写真撮るときはこの行程結構いいんじゃない? と思いました。

来週は晴れたら三浦半島へ釣りにいこうと思います。

感想をお聞かせください。

  • ためになった・面白かった (3)
  • ためにならなかった・面白くなかった (0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)