最初で最後のマイル修行・ANA羽田〜沖縄線プレミアムクラスで沖縄に行ってみた

こんばんは神乃木です。ここ最近虚無がだいぶ酷くてブログ書く気にもなれずしばらく更新をサボってしまいました。虚無って良くないですよね。うっかりツイッターで政治の話とかし始めるくらいには相当疲れてたみたいです(政治の話は誰得なのでしないと決めてるはずなんだけど…)。

そんな虚無の状況に追い込まれることを予期してか否か、ちょうどこの時期に沖縄旅行を入れていました。沖縄旅行といっても「沖縄エンジョーーーーイwwwwウェイwwww」みたいなものではなく、ANAのプレミアムポイントがいい感じだったのでいっそ目指すところまで目指そうという趣旨であります。べ、べつに一人で沖縄行って寂しいわけじゃないんだからねっ!

現在のANAのプレミアムポイントはおよそ45000ポイント。出張やら旅行やらを気ままにやってると結構なポイントがたまってます。そして羽田〜沖縄でプレミアムクラスを28日前の割引(スーパーバリュープレミアム28)で予約すると片道あたり2860ppが貯まるため、往復すると5000ポイントを超えてくるわけです。

そしてANAのマイルも予約当初でおよそ4万マイルとかなり溜まっていたため、7万円くらいのプレミアム運賃が実質0円で取れてしまいました。これで合計が5万ポイントを超えることになり、来年はANAプラチナメンバーになり、ANAラウンジや提携各社のラウンジが使えたり、優先搭乗できたりといろいろなメリットがあるわけです。そりゃもう行くしか無いよね。というわけでこれは正真正銘プレミアムポイントを貰うだけの旅行、最初で最後のマイル修行です。ではいってみましょう。

羽田空港のANAラウンジへ

というわけでやってきました昼下がりの羽田空港。飛行機は14時40分と遅めの飛行機なのでゆっくりです。

そしてチェックインカウンターの間にひっそりと佇むのが、この「ANA PREMIUM CHECK-IN」です。俺のようなゴミムシが通っていいのかな? とか一瞬考えましたが物は試しなので通ってみることに。

ここはANA上級会員とプレミアムクラス利用者が利用できる専用の保安検査場で、一般の検査場が混んでてもここならさっと通れると。平民たちが四苦八苦してるのを横目にスマートにチェックインできちゃうんですね。

……という触れ込みでしたが、ぶっちゃけ一般検査場のほうが手際が良かった気がします。普通に数人待ってたけど一般検査場のが早いんじゃないかなあというお気持ち。まあ行楽シーズンとかには真価を発揮するんでしょうね。

専用保安検査場からはANAラウンジに通路が繋がっており、シームレスに移動可能です。一般検査場とは違う落ち着いた雰囲気だったせいか、どうにもエアサイド(制限エリア)にきた実感がありません。

ANAラウンジに入ってアイスコーヒーを入れました。ラウンジは少し前に改装されてきれいになったばっかりのようで、中は広々としてました。今までもカードラウンジを使ってましたが、こっちは一段と静かです。多分最上級会員向けのANA SUITE LOUNGEはもっとすごいんだろうなぁと思いますが、次回以降のフライトでは基本このラウンジを使うんだなぁと考えると、なんとも感慨深い気分になりました。

ここのラウンジではアルコール類も飲めるのでうっかり飲みそうになりましたが、冷静に考えて沖縄でレンタカー借りるので飲んだらアウトでしたね。危ない危ない。

NH475便に搭乗開始

そうこうしてるうちに搭乗時刻が25分前くらいに迫ってきました。いつもはもう少し粘るんですが、プレミアムクラスはグループ2で優先搭乗なんですよね。なのでボーディング開始とほぼ同時か少しあとくらいに案内されるので少し早めに行動です。ゲートはANA LOUNGEの目の前でとっても快適。着いた瞬間にグループ2の案内が始まり、グループ3の搭乗でめちゃくちゃ長い列を作ってるのを尻目に搭乗です。

そして初めて座りました、プレミアムクラス。足元広々で、横にも仕切りがあってめちゃくちゃ快適です。

座るとCAさんが「いつもご搭乗ありがとうございます。本日担当を務めさせていただきます◯◯です。なにかご希望のものはございますか?」とご挨拶に来てくれました。ご挨拶にきたは良いけどプレミアムクラス初心者に「ご希望のもの」は難しいぜ。何頼んだらいいかわからんから断っちゃったよ。

隣に来た歴戦のプレミアム騎士みたいな人はマスクを頼んでました。なるほどそういうオーダーの仕方があるのね。いや歴戦ならマスクくらい持参するのかな……。いやでも「プレミアムクラス テーブル 開け方」とかでググってる俺よりは歴戦感ありましたよ。

やがて一般搭乗が始まりゾロゾロと人が乗ってくるのを見ながら、飛行機は定刻にプッシュバック。その後も待たされることなく滑走路に向かっていきました。この時間帯の羽田はやっぱり空いてるんですかね。離陸も順番待ちほとんど無しで、CAさんが離陸の放送をしてる間にもう滑走始まってました。

プレミアムクラスの軽食がうまい件

離陸後水平飛行に入るとプレミアムクラスの機内食が運ばれてきます。この時間帯(お昼後、夜前)のフライトでは軽食が提供されます。これがあるからお昼は少し軽めにしてました。今日もメニューはサンドイッチ的なサムシングとおつまみ的なやつと果物、そしてどこか高そうなお店の洋菓子です。黄色のジュースはマンゴージュース。

食べてみるとめちゃくちゃ美味しい!特にお皿の右側に乗ってるかぼちゃの入ったサムシングがとっても美味しかったです。右から二番目のたまごサンド(と呼んで良いのかどうか)もダシが染みてて美味しかったです。

そうこうしてるうちにCAさんが回ってきて「スープはいかかですか?」というのでスープももらいました。オニオンスープ的なやつにご飯的なものが入ってて結構腹がふくれるやつです。国際線乗ってても思うんですがANAはマジでたらふく食わせてくれますね。「アイスクリームもいかがですか?」と言われたけどマジで腹がパンパンなので諦めました。なんとかって店の洋菓子もしばらく置いときましたからね。

食後は読書タイム。今回は「僕は僕の書いた小説を知らない」というライト文芸の本を読んでみました。Amazonレビューがとても高かったので買ってみましたが、たしかに面白かったです。前向性健忘を患う小説家の主人公が、四苦八苦しながら小説を書き上げていく話です。

作品を書く過程で主人公は「最後にはどんでん返しがあって、恋愛要素もしっかりしてて……」みたいな小説論を語るのですが、それがきちんとこの本に反映されてるのが良かったですね。10点満点でいうと8点くらいの作品ですが面白かったです。

ちなみに10点満点で10点をあげれる作品は野崎まどの「KNOW」ですかね。レビューも書いてるので良かったら読んでみてください。

野崎まど「know」を、愛と欲望を交えて考察してみる

羽田から沖縄へのフライト時間は2時間30分。帰りは偏西風の影響をうけるので2時間で済みますが、国内線では流石に長いですね。本を読み終えて爽快な気分になったのでホットコーヒーを頼んでみました。ホットコーヒーにちょっとしたお菓子をつけてくれる心遣いが嬉しい。あとホットコーヒーがめちゃくちゃ美味しかったです。一般クラスとは味が違いました。

沖縄に到着!

そんな感じでくつろいだ後、飛行機は定刻より10分程度早く那覇空港へ到着。30年生きてきて沖縄の地に降り立ったのはこれが人生で初めてです。

実は大学生時代に卒業旅行で沖縄に行くチャンスがあったのですが、なんと出発3日前にインフルエンザを発症してしまいキャンセル料を払って旅行を取りやめるという悲しい思い出があったので、数年ぶりにようやく雪辱を果たせた感じですかね……。

那覇空港は思ったよりもめちゃくちゃ大きかったです。上の写真にある棟の端っこのほうまで歩きました。中は南国風であちこちに植物も飾ってあり、さながら異国に来たような気分でした。

そんなわけで那覇空港で毎度世話になってるニッポンレンタカーをレンタルして今日の宿へ向かいます。

これはニッポンレンタカーの営業所にあった自動販売機。ウチナーのSOUL DRINKらしいです。さんぴん茶というのは要するにジャスミンティーのことですね。車を運転しながら聴いてたFM沖縄では伊藤園のさんぴん茶がめちゃくちゃCMやってました。

運転してると夕焼けがいい感じでした。なんとなく光の加減が違ってて、ここは南国なんだなぁという感じ。そもそも日の入りもこの時期東京だと4時半くらいだけど那覇は5時半なんですよね。実質時差が1時間くらいある。暮れなずむ那覇の町……というといい感じっぽいけど実際には交通量が多い上に初めての土地だから結構気を使って運転しながら沖縄自動車道へ。

ここへきてETCカードを忘れたことに気づいたけど金額は20円しか違わなかったからまあ良しですね。終点の許田(きょだ)ICまで来て、本日の宿泊地へ到着。

今回のホテルはベストウェスタン沖縄恩納ビーチというところです。オフシーズンだからというのもあるでしょうが、広々ツインルームでお値段一泊7200円とかなりお手頃。明日は美ら海水族館にジンベエザメも見に行こうと思ってたので、水族館に近い名護エリアで探したらここがよさげでした。

バルコニーを開けると名護市民ビーチの波の音が聞こえてとっても素敵。ただ致命的な欠点としてインターネットが遅い。下り0.1Mbps、上り22Mbpsって何をやったらそうなるねん。持ってきてよかったよモバイルルータ。

ビーチと星空、そして沖縄料理

ホテル前のビーチはこんな感じでとってもいい雰囲気。波の音がずっと聞こえるので無限に時間が潰せます。ああ……虚無が消えていく……。やっぱり必要なのは自然だったんだね。洗い流せる虚無と洗い流せない過去に思いを馳せながらしばらく浜辺でぼーっとします。

東京ではなかなかお目にかかれない星空もご覧の通りくっきり。肉眼でもたくさんの星が見えて素敵でした。晴れててよかったです。

晩ごはんはホテルから歩いていける「美ら花」というところにしました。Googleレビューには「観光客向けの沖縄料理」と書いてあったのですが、たしかに観光客向けの沖縄料理でした。豚がたくさん使われてるので若干脂っこいものの、普段から家系ラーメンとか二郎とか食ってる人間からするとヘルシーなもので、それに味付けも優しめの味付けだったので美味しくいただくことができました。

まとめ・プレミアムクラスはいいぞ

というわけでいい感じに充実した沖縄ライフを楽しめそうな感じになりました。ブログ書ける程度には虚無が回復したのでよかったね。

プレミアムクラスは人生で初めて乗ってみましたが、サービスのきめ細やかさと美味しい料理などを考えると値段設定にも納得。とはいえ普通に乗ろうと思うとエコノミーなら13000円なのにプレミアムだと35000円かかってくるので、毎回プレミアムクラスとかはまあ無理でしょうね……。ただ、溜まったマイルを使って乗るときには使ってみてもいいかなという感じです。

明日は美ら海水族館を見て、名護周辺をぶらぶらと特に予定もなく巡る予定です。首里城燃えちゃったし那覇周辺の観光はまた今度かな。ゆっくり虚無を癒やす旅をしてこようと思います。

ではでは。

 

感想をお聞かせください。

  • ためになった・面白かった (5)
  • ためにならなかった・面白くなかった (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)