洗濯代行サービスで洗濯という作業の虚無から解放される話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは神乃木です。

突然ですが、私は家事の中で「洗濯」が一番嫌いです。ドラム式洗濯機があるような文化的な家ならいざしらず、我が家は洗濯機が外にあるせいですぐホコリっぽくなるし、ベランダに出るのがそもそも面倒くさい。

干して乾いたものはガビガビになってシワシワだからアイロンがけしなくちゃならんし、何よりも「また汚れる服を無限に洗濯しつづける」行為が虚無でしょうがないです。

いやまぁそのくらい当然だろという言葉もごもっともではあるんですが、この虚無をどうにかして駆逐できないかと思い、一人暮らしを始めてから約10年、ついに洗濯代行サービスに家事をアウトソーシングしてみることにしました。

都内で洗濯代行サービスをやってる店舗は2つ

洗濯代行サービスには二種類あって、宅配集配型と直接集配型の二種類があります。宅配集配は文字通り宅配便を使って洗濯物のやりとりをするもので、だいたいは日本全国どこでも使えます。

直接集配型は店舗のスタッフが集配を行うものです。基本的にはこのうち直接集配型が優れているといえます。

理由は2つあって、宅配集配型の場合、①洗濯物を出荷してから戻ってくるまでに日数がかかること ②送料が洗濯代に含まれるので高くつくこと が理由です。

なので選ぶべきは直接集配型になります。ただ店舗のスタッフが巡回を行う都合上、店舗の周辺のエリアでしか使えないという問題はあります。

都内の直接集配型の洗濯代行サービスをやってるのは以下の2つ。

しろふわ便

→公式サイト

こちらは東京23区圏内で集配に対応。月5回で9680円(税込)、1回にすると1936円です。

オーサムウォッシュ

→公式サイト

こちらも東京23区圏内で集配に対応。月4回で7200円(税込)、1回にすると1800円というプラン。

両方使って比べてみた

どちらも1回あたりの値段的にはほぼ変わらずですが、しろふわ便のほうが月額料金が少し大きくなってることが特徴ですかね。

しろふわ便を使ってみた

しろふわ便は申込みを行うと上記のようなバッグで届きます。大きさは約35Lくらいですが、要するに一人暮らしのサラリーマンが使う一週間分くらいの量は余裕で入ると思ってもらって良いと思います。下着、シャツ、ズボンなどを押し込むことで結構な量までいけますし、ベッドシーツや枕カバー、バスタオルなども洗ってもらえるのがとても良いです。

ベッドシーツなんかは干す場所が限られてる上に洗濯も面倒ですからね。とはいえずっと同じシーツだと衛生的にだいぶアレなので、これがアウトソースできるのは有り難いなと思いました。

しろふわ便の洗濯の品質と使い勝手

しろふわ便の洗濯の品質は素晴らしいです。コインランドリーで洗ったものをきれいに畳むとこんな感じだろうなという仕上がり。出来たてだとほんのり温かい(コインランドリーの熱に由来するものと思われる)のも良いです。

ただ一方で課題があって、会員サイトで毎度依頼するのが面倒なんですよね。月曜なら月曜とかで曜日固定で来てほしいです。もちろんしろふわ便は曜日固定サービスもやってるんですが、こちらは基本法人向けである他、私自身出張その他で月曜不在のこともあるので完全な固定は避けたい。

あと、依頼し忘れると、月曜希望だとだいたい土曜日のうちに受付が終了してしまい、集荷が火曜日になってしまうんですよ。使い始めた当時はあまりこういうことはなかったのですが、おそらく利用者の増加によって枠に限界が出てきたんじゃないかなと思います。

この集配のズレが結構致命的で、あと出張や旅行などで月5回使いきれないことも多くなってきたため、しろふわ便は契約を終了し、後述のオーサムウォッシュに乗り換えることにしました。

ただサポートというか全体的な対応の品質はめちゃくちゃ良かったです。みなさんが手作りで良いサービスをやってる感があるサービスでした。

オーサムウォッシュを使ってみた

届いた洗濯物の状態。白いのがベッドシーツ。結構容量が入ります。

というわけで、都内の業者のうちもう一つのオーサムウォッシュを使ってみました。

オーサムウォッシュの洗濯の品質と使い勝手

こちらは上記のような青いバッグで、当初は「しろふわ便より少ないな…」と思ったのですが、実際には押し込むと結構な量入るので、しろふわ便とあまり容量的には変化がありません。

オーサムウォッシュの素晴らしいところは、Webサイトで当月分の予約が全てできること。なので、月4回の利用分を月初に全て予約してしまえば、後は決まった曜日に洗濯物を玄関に出しておくだけで良いのです。

料金もしろふわ便より少し安くなりますが、一方で配送日数が2日(翌々日の到着)となり、しろふわ便の翌日配送からは少し遅くなります。

仕上がりについては普通な感じです。柔軟剤の利用が違うのか、しろふわ便ほどふっくらした感じではないですし、たたみ方も許容範囲といったところです。洗濯の質だけで見るとしろふわ便のほうが明らかに上です。

とはいえ、自分で洗濯するよりは遥かにきれいに仕上がるのは間違いないですし、仕上がりとしては十分満足しています。

なにより、利用分の繰越ができるという神サービスがあるので、出張や旅行で月の半分家にいませんでした、みたいなときに利用回数を塩漬けにせずに済むのが有り難い。しろふわ便の後発サービスなだけあって、そのへんはかなりちゃんと作り込んでる印象がありますね。

洗濯代行サービスはお得なのか?

というわけで現在はオーサムウォッシュに切り替えていますが、今の所洗濯代行サービスの利用を続けています。

たまに依頼忘れやタイミングが合わなくて「着る服がねえ!」という事態にはなるので、洗濯機廃止まではできなさそうですけどね…。昨日も新しく履くパンツがなくてドライヤーでパンツ乾かしてました。この時間が最高に虚無だよ。人生って何なんだろう。

この一回あたり1800円の出費というのは決して安くはないですが、コインランドリーで洗濯と乾燥をすると一週間分だとだいたい1000円くらいは取られますし、自宅で洗濯するにしても畳むまでやると結構な虚無に陥るので(だいたい1時間半くらいは吸われるイメージ)、私個人としては「アリ」なサービスなんじゃないかなと思ってます。

何より、いつでもランドリー品質できれいに洗濯されて畳まれた服を着れるというのが素晴らしいじゃないですか。

この辺の金銭感覚は人それぞれだと思いますが、もし23区の対応エリアに住んでいて興味のある方はぜひ試してほしいと思います。

感想をお聞かせください。

  • ためになった・面白かった (9)
  • ためにならなかった・面白くなかった (0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)